FPオードシェルオフィス

横浜を中心に活動するファイナンシャル・プランナー

*

FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格についてご存知でしょうか

      2022/01/06

FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格についてのお話

皆さんは、ファイナンシャル・プランナーという言葉はお聞きになったことがあると思います。身近なところでは保険を申し込むときの保険員さんの名刺であったり、銀行員さんの名刺などに書かれている肩書の一つとしてあるのが「ファイナンシャル・プランナー」です。

最近では、学校教育でもお金にまつわる授業を開始するということで、その点でもファイナンシャル・プランナーという名をお聞きになったこともあるのではないでしょうか。このファイナンシャル・プランナー、よくFPと略して表記されることもある名称ですがどんな資格があるのかについてご説明しますので、ファイナンシャル・プランナーの資格に興味のある方はぜひ最後までお読みください。

国家資格と民間資格の2種類

ファイナンシャル・プランナーの資格は大きくわけて国家資格と民間資格の2種類があります。

国家資格の方は「FP技能士」と呼ばれるもので、民間資格の方は「AFP、CFP」という名称で呼ばれています。どちらも名称独占資格なので、ちゃんとした試験に合格しなければ名乗ることはできないとされています。もし無料相談会などでお金の相談をされるときは「FP技能士」なのか「AFP」なのか「CFP」なのかは確認されることをおすすめ致します。

それぞれの資格の難易度(専門度)は「FP技能士」であれば3級からはじまり1級まで、日本FP検定の方はAFP、CFPの順で専門性が高いとされています。ファイナンシャル・プランナーの資格に興味を持たれた方は、是非とも1級FP技能士、または、CFPを目指していただけると嬉しいです。

 - 資格 , , , ,