本日付の日本経済新聞電子版に「青色申告、電子なら控除10万円増 20年1月から」という見出しの記事が掲載されていた。

詳細は記事元である日経新聞のサイトをご一読いただくとして、要旨は次のような感じであるようです。
・政府・与党は2020年からの税制改革で青色申告の際に、電子申告で控除額を10万円増額する。
・現在65万円の青色申告特別控除額は10万円減額して55万円にする。
・青色申告特別控除額の基準となっている、給与所得者控除も10万円減額して55万円にする。
・これによって、電子申告・納税を促す

電子申告の普及が進むのは望ましいことですし、そのために電子申告者には控除が10万円増額されるのも喜ばしいことなので一見するとハッピーな記事に見えるのですが、同時に給与所得控除額と青色申告特別控除額が減額になっているのに着目しないといけないでしょう。

特に、会社員やパート・アルバイトなどの給与所得者は青色申告者でない限り、今回の検討されてる電子申告による控除額10万円増額の恩恵を受けることはないので、現在の控除額からの控除額減少ということで実質増税ということになってしまいます。

※なお、年収が850万円未満の給与所得者は基礎控除が10万円増額される見込みなので影響を受けません。

今後、法案化されるまでにどの程度まで給与所得者に配慮されたものになっていくのか、非常に注視したいですね。